歯周形成外科・歯肉の移植(periodontal plastic surgery)

お口の中の環境と歯肉のバランスを保つ歯周形成外科とは?

 歯周形成外科とは、歯の長さが長かったり短かかったり、また歯茎の量が少なくハミガキしづらい、などお口の環境や見た目に問題がある場合、歯肉の切除や移植などを行い回復する歯周外科治療のうちの一つです。

歯周形成外科の種類
クラウンレングスニング・臨床的歯冠長延長術
 もともと歯の長さが短かく歯を作れないために抜歯になってしまったり、エクストリュージョン終了後、歯の長さが短くなった際、適正な長さに歯肉と骨を切除することにより歯の長さを回復する治療法です。

「メリット」
1. 歯を抜かずに治療ができる。
2. 見た目が良くなる。
3. ハミガキしやすくなる。

「デメリット」
1. 保険がきかない。
2. 治療期間が長くなる。(数か月)
3. 外科処置が必要となる。
フリーグラフト・遊離歯肉移植術

 遊離歯肉移植術はFGGとも呼ばれている治療法で、上あごの口蓋から上皮の付いた歯肉を必要なサイズ分だけ切り取り、露出してしまった歯根やインプラントの周りに移植・縫合する方法です。歯の周囲の歯肉が元々少なく、薄い場合は、歯ブラシを当てるだけで痛みを感じることがあります。そういった場合に行います。

「メリット」
1. ハミガキがしやすくなる。
2. 歯肉をそのまま移植するので比較的手術が簡単である。

「デメリット」
1. 異なる歯肉の上皮ごと移植するので、移植先の歯茎と色味が異なる場合がある。
2. 治療期間が長くなる。(数か月)
3. 切り取った方の歯肉が痛くなったり、術後に腫れが生じることがある。

ルートカバー・根面被覆術

 歯の根が露出して見栄えが悪くなったり、知覚過敏になったりした際、歯肉の中でも内部にある「結合組織」だけを切り取ってきて移植する方法です。

「メリット」
1. 歯肉が下がって歯根が露出してしまった部分に適している。
2. 外見的な色見の変化などがない。
3. 歯肉の厚みなどの性状(バイオタイプ)を変更することができる。

「デメリット」
1. フリーグラフトよりも手術の難易度が高い。
2. 切り取った方の歯肉が痛くなったり、術後に腫れが生じることがある。